Route 88

護国神社で開催された蚤の市にて、オフィシャルカメラマンに参加した!

護国神社 蚤の市 オフィシャルカメラマン

ごきげんよう。ろぜはち (@rosetta88) です。

先日、近所の護国神社で蚤の市が開催されていました。
年に数回、蚤の市が開催されているのですが
オフィシャルカメラマンを公募していたので、チャレンジすることにしました。

今回、主催するのは護国神社の近所にある写真屋さん「アルバス」
îalbus – アルバス|護国神社の蚤の市「オフィシャルカメラマン」募集

カメラマンの撮った写真で秀逸な作品は
蚤の市の公式パンフレットにも掲載されるとのこと。
気合いを入れて、撮影に臨むことにしました。

[スポンサードリンク]


ñ蚤の市について

護国神社 蚤の市

蚤の市の公式サイトはコチラ。

出店しているのは、雑貨やアンティークな品物
洋服屋さん、植物・ガーデニング関係などなど。
そして、楽しみでもある数多くのフード類も。
毎回を多くの店舗が並び、歩いているだけでもワクワクします。

そのワクワクした雰囲気を写真に収めることが出来ることが
今回のイチバンの課題です。

ñ使用するカメラは「KLASSE S」

護国神社 蚤の市

オフィシャルカメラマンが利用するカメラは
富士フイルムのKLASSE S
現在は、生産中止となっているフィルムカメラです。

ボクはデジカメから写真を撮るようになったので
フィルムカメラは使ったことがありません。
子どものころに、実家にあったカメラで家族を撮ったり
写ルンですを使ったことがあったくらい。
感覚としては、始めて使うカメラといった印象です。

IMG_2253
▲カメラはコチラ。
焦点距離は38mm、F2.8

フィルムの装填方法からレクチャーを受けます。
今回はISO400のフィルムを使用しました。
あとは、簡単な操作方法を教えていただき撮影にGOです。

今回は、フラッシュなし。
AEモードで撮影することにしました。

ñ初めての35mmコンパクトカメラ

護国神社 蚤の市

今回、初めてコンパクトカメラを使ったのですが
一眼レフのファインダーに慣れているので
KLASSE Sのファインダーを見ても
ピントが合っているのかどうか分からない。。。

ファインダー内にはフォーカスエイドがついているので
合焦したことは分かるのですが、ファインダーとレンズが分かれているので
何処にピントが合っているのか不明。
(慣れれば何となくわかりそうです)
初めてのコンパクトカメラに戸惑いつつ撮影します(^.^;)

もちろん、デジタルではないため、 すぐには写真を確認できません。
上手く撮れているのか、失敗しているのかも分からず…
試行錯誤しながら25枚撮影しました。

後日に、撮影した写真を受け取りました。
「アルバス」さんのオプションでデジタル化していただき、
JPEG形式でも受け取ったのでFlickrにアップしています。

ñKLASSEを使う時の注意点

護国神社 蚤の市

現像して出来上がった写真を見て思ったことをいくつか。
思っていたのとは、違う写真もあったので注意点を挙げておきます。

最短撮影距離

あとで調べてみると、最短撮影距離は40cm
ついつい、いつものデジイチのつもりで近寄ってしまって
ピンボケの写真を量産してしまいました…

焦点距離38mmで、撮影距離40cmって被写体が小さくなりがち。
近距離の撮影は思っているよりも、
一歩後ろに下がる感覚で撮影したほうが良さそうです。

視野率とファインダー像

いま使っているデジイチは視野率100%
ファインダーに写る像がそのまま出来上がりの写真となります。
それに対して、KLASSE Sは視野率85%
ファインダーに見えている像よりも少し広めに写ります。

また、0.9m以内の近距離撮影ではファインダー窓から見える像と
出来上がりの写真にズレが生じるようです。


近距離撮影では、ファインダーから窓から見える範囲と移る範囲にズレが生じます(ファインダー窓と撮影レンズの位置が違うため)

使用説明書には明記されているのですが
知らないまま撮影していたので、思っていたのと違う構図の写真も出来ていました(笑)

ñオフィシャルサイトに写真が選ばれた!

護国神社 蚤の市

撮影されたオフィシャルカメラマン全員の写真は
蚤の市のオフィシャルサイトにて公開されています。
î第16回 護国神社 蚤の市 撮影会 その1 オフィシャルカメラマン撮影会 作品 | 護国神社 蚤の市 HP

上述したように、いまいち使い方が分からずに撮影したのですが
ボクの写真がアイキャッチに使われていてビックリ(・o・)
記事を書いた人の目に留まったのでしょうか。嬉しい限りです。

今回は、お天気も悪くどんよりとした曇り空。
撮影の時間も2時間くらいで、後半は時間が足りなくて
バタバタと急いで撮影しておりました。

結果、やや撮り急いだような写真が多い印象です。

そこで、次回に向けての注意点を2つ。
W先にテーマを決めて、時間に余裕を持って撮影する
W撮影距離とファインダー窓に注意する

次回の蚤の市は 、2013年9月22日〜23日に開催だそうです。
パンフレットに写真が使われているのかどうか…
そして、チャンスがあれば、またオフィシャルカメラマンに志願しようと思います(^^)

それでは、今日はこのへんで。
お相手は、ろぜはちでした。

[スポンサードリンク]


Return Top