Route 88

プリプリの再結成ツアー ファイナルに参戦してきた | 12月24日 The Last Princess セットリスト

IMG 0573

ごきげんよう。プリプリ大好きろぜはち (@rosetta88) です。

個人的には再結成は
ほぼないであろうと思っていた
バンドのひとつであるPRINCESS PRINCESS。

ところが震災の復興支援のために
2012年限定で再結成しました。
そこで、周りから白い目や鋭い視線を感じつつも
東京ドームまで参戦してきました。

[スポンサードリンク]



以下、簡単に個人的なまとめです。

実は、
16年前の解散ツアーにも
参戦していたので
16年ぶりのプリプリのコンサートと
いうことになります(笑)
解散ツアーを見たのは
福岡サンパレスだったような記憶が。。。

久しぶりの東京ドーム。
席は42列目でしたが
思ったよりもステージに近く
肉眼でもメンバーが見える。
細かい表情までは見えないけど
5人の勇姿を目に焼き付けてきました。

=オープニングまで

スタートまでは
事前にオフィシャルサイトで募集していた
16年前と現在の写真とを並べたファンの方々の写真が
場内のスクリーンにスライドショーで流れてました。
BGMは昔のプリプリの曲ばかり。

そして最後には
16年前のプリプリのメンバーの写真と
現在のメンバーの写真が映し出されてから本編スタート。
すでに涙腺が緩くなっていましたw

その後、スクリーンには
“We were PRINCESS PRINCESS”
一瞬、「えっ!?」と思ったら
“w”がフェードアウトして
“We are PRINCESS PRINCESS”
に文字が変わる。

それからは、地震直後にメンバー間でやり取りした
メールの内容が次々に映し出される。

「みんな無事ですか…?」
「会えるときに会わなきゃね」
「次の日曜はどう?」

メンバーの間でのリアルなやり取りを見ながら
再結成までの道のりが手に取るようにわかるオープニング。

それからステージ真ん中に
巨大な白い風船が現れる。
中からメンバーが円陣を組んで登場!

この時点で
すでに鳥肌が立ってるしw

=コンサート スタート♪

実は…
前日の12月23日のセットリストをチェックしていたので
だいたいの内容は分かっていたのですが
やはり、ホンモノはCDとは違います。
当たり前ですが(笑)

以下、個人的な感想を
いくつかピックアップ。

r1曲目
「SEVEN YEARS AFTER」

個人的には、夏フェスでやっていたように
「世界でいちばん熱い夏」の平成Ver.を期待していたのだが
解散ツアーと同じセトリでのスタートとなった模様。

r3曲目
「世界でいちばん熱い夏」
こちらはベースから始まるオリジナルバージョン。
プリプリの中でもいちばん好きな曲。
気が付いたら一緒に熱唱してたw

r4曲目
「GO AWAY BOY」
最初の“Hey You”で、大盛り上がり!

r5曲目
「ジュリアン」
イントロのギターが大好き。
本編では、岸谷香・中山加奈子ふたりでの
ギターのハモリも多くて、かなり練習したと思われる。
ライブ中にもツインギターが多かったのも嬉しかったところ。

r9曲目
「ROMANCIN’BLUE」
イントロからマイナー調の曲だけど名曲。
ライブで聞きたかった曲なので感動。。

このあとは
アコースティクなステージが登場。
アリーナ席に大きくせりだして
より一段と近くに。

また、お客さんも
スタンディングから着席して
一時休憩モードに。

フリートークも交えながら
アコースティクセットで3曲。

r10曲目
「SHE」
このアコースティクタイムだけは
スクリーンに歌詞が表示されて
まるで昔の歌番組を見ているような気分に。
♪Dear my best friend〜

r11曲目
「パパ 」
岸谷香曰く
以前は、自分が主人公のつもりで唄っていたが
現在は娘が主人公となり、相手であるパパは
岸谷五朗というストーリーで唄っているとのこと。
個人的にはMに続く名曲だと思う。

r12曲目
「友達のまま」
まさかコンサートで聞けるとは思っていなかったし
自分にとっては、まさかのサプライズな感じ。

「SHE」と、どちらを演奏しようかと迷って
スタッフに聞いたら見事に二分したので
両曲とも演奏することにしたそう。
皆さん、名曲をよく分かってます。。

途中のMCで
どんなに練習しても下手くそで
出来なかった曲があったので省いたそう。
その曲は「だからハニー」
岸谷香・中山加奈子、二人共ギターが弾けないとのこと。

帰りに聞いてみたが
確かにギターソロは難しい。
というか、どうやって弾いているのか
思い出せないみたい。

ま、16年も経っているんだからしょうがない(笑)

r13曲目
「M」
そしてステージに戻り
イントロの特徴的なキーボードが流れる。
DiamondsのB面にも関わらず
プリプリの楽曲の中では最もカバーされている曲。
まさか生で聞けるとは。
と言っても解散ライブのときに聞いてたけど。
Mは、泣きのベースラインがグッとくる曲。

r14曲目
「One 」
r15曲目
「HIGHWAY STAR 」
Mに続き、この2曲もアルバムの曲だけど
人気のある曲。
Oneは流れるようなAメロが良い感じで好き。
HIGHWAY STARは渡辺敦子が詩/曲を手がけているという
珍しい楽曲だがノリが良くてライブ向き。

r20曲目
「パイロットになりたくて 」
途中でメンバー紹介を挟む。
渡辺敦子の背中には
“リーダー 渡辺敦子 夜露紫紅”の刺繍がw

r22曲目
「19 GROWING UP-ode to my buddy- 」
12月23日の公演ではアンコール最後の曲だったが
19 GROWING UPを本編最後に持ってきた。

みんなタオルの準備は万端。
投げる気まんまんw
「合言葉は〜?」
と投げかける香に対して
観衆は「冴えたやり方〜」と返す。

みんな分かってるなぁと思いつつ
ボクも一緒に唄っていた。

ここで、本編は終了してアンコールに。
今日はWOWOWの生中継も入っているので
時間ぴったりに進行されている模様。

r23曲目
「パレードしようよ」 ソニーのカセットテープのCMを思い出す1曲。
アルバムLOVERSのラストに収録されているお祭り的な歌。

r24曲目
「DING DONG」
同じくLOVERSに収録されているクリスマスソング
クリスマスシーズンなので必ず演奏するであろうと予測していたが
まさかアンコールに持ってくるとは!

r25曲目
「Diamonds」
曲の途中、ドーム天井の巨大ボールから
ハートが降ってくる仕掛けが!
(冒頭の写真のハートマーク)
ダイヤモンドの欠片をもらった気分^^

このあとは、メンバーの挨拶。
飛行機の時間もあるため
規制退場が始まる前に早々と退散。
弾丸ツアーは大変です。。。

振り返ってみると
アルバム『THE REBIRTH BEST〜再会〜』からの楽曲がメイン。
メンバーの演りたい曲も、ファンが聞きたい曲も
だいたい一致しているのかもしれません。

DOLLS IN ACTIONまでの曲が多く
昔からのファンにとっては嬉しいセットリストでした(^^)

さいごに

以前に情熱大陸を見た感じでは
再結成とは言っても
メンバーも年をとったし
演奏もイマイチではと推測していました。

ところが始まった瞬間に
そのような思いは杞憂に終わりました。

アラフィフ、50歳手前のメンバーが
3時間もパワフルなステージをこなした事に
ただただ感動しました。

よくある商業的なお金儲け目的の再結成って
演奏が下手だったり、キーを下げて唄っていたりするけど
この日のPRINCESSたちは、いっさいの手抜きなし。

演奏もSEや効果音も使わずに
すべて5人で出した音だけのステージでした。
ここは、バンドとしての意地というか
こだわりを垣間見た気がします。

あと、東京ドームでのライブなのに
アマチュアバンドのような
アンケート用紙が配られていたのも印象的でした。
DVDのチラシも間に合わなかったのか、
簡素なチラシでしたw

IMG 0584

今回のツアーはチャリティがメイン。
売上は全て寄付されて
その内訳も公開すると話されてました。

そして、DVDの発売は2013年3月。
引き続き、メンバーは編集作業に追われるみたいですが
発売が楽しみです。
映像がキレイなブルーレイ版が欲しいところ。
オサイフと相談してみます(^^;;

えぇ、これも復興支援ですから。

それでは、長くなりましたが
今日はこのへんで。
お相手は、ろぜはちでした。


r12月24日 セットリスト
1 .SEVEN YEARS AFTER
2. OH YEAH!
3. 世界でいちばん熱い夏
4. GO AWAY BOY
5. ジュリアン
6. WONDER CASTLE
7. KISS
8. STAY THERE
9. ROMANCIN’BLUE
10. SHE
11. パパ
12. 友達のまま
13. M
14. One
15. HIGHWAY STAR
16. GET CRAZY!
17. ROCK ME
18. BEE-BEEP プリプリサミット
19. へっちゃら
20. パイロットになりたくて
21. GUITAR MAN
22. 19 GROWING UP-ode to my buddy-

アンコール
23. パレードしようよ
24. DING DONG
25. Diamonds

[スポンサードリンク]


Return Top