Route 88

小石原の陶器市(東峰村 民陶むら祭)で「小石原ポタリー」を衝動買いした話

小石原焼 鶴見窯

ごきげんよう。ろぜはち (@rosetta88) です。

毎年、春と秋に開催されている
福岡県は東峰村の『民陶むら祭』に行ってきました。
村をあげてのお祭りで
あちこちにある窯元に、多くの人が集まり賑わっていました(^^)

春の民陶むら祭/小石原焼民陶祭/陶器市春の民陶むら祭/小石原焼民陶祭/陶器市

[スポンサードリンク]


小石原焼とは

九州と言えば、有田や伊万里が全国的にもメジャーな焼物でしょうか。

福岡に住んでいると小石原焼の器はあちこちで見かけますが
まだまだマイナーな存在のようです。
詳しくは、Wikipediaさんにお任せします。。。
小石原焼 – Wikipedia

たぶん、普段使いの器が多いので
見かけたことあるとか、実家にあったとか
そんな感じかなと思います。
気付いたら、小石原焼だったということも多いかなと思います。

また、
ゴールデンウィークは、あちこちの窯元で陶器市が開催されています。
聞くところによると、
有田の陶器市は渋谷のセンター街状態になっているみたいですが、
東峰村は、それほど混雑はしていなかったです。

天気も良くて、ぶらりと歩くのに
ちょうど良いくらいでした。
ミニマップもあちこちで配布しているので
適当にマップを見ながらぶらぶらしてきました。

小石原ポタリー

今回、ゲットしたかった器が2種類。
この小石原ポタリーと後述する鶴見窯。
どちらも、以前からチェック✓していた器たちです。

小石原ポタリーは
ミニマップに掲載されている“ギャラリー小石原”で
アウトレット品を販売しているとの情報を得ていたので
簡単にたどり着くことが出来ました。

従来の小石原焼とは、ちょっと違う
イマドキでオシャレな器が多いのが特徴。
近所のB・B・B POTTERSで販売されていて気になっていました。

ギャラリー内は多くの人で賑わっておりました。
販売しているのは、やや難ありのアウトレット品とは言え
お安く買えるのは魅力的。
皆さんがまとめ買いをしていました。

▼ギャラリー内は撮影NGなので入り口のみ(^.^;)

小石原ポタリー

▼そして、戦利品はコチラ。
小石原ポタリー

▼アウトレット品なので、よく見ると小さいキズがあります。
小石原ポタリー パン皿S

ほとんど気にならないレベル(^^)

小石原ポタリー 毎日プレート

▼そして、裏面のロゴにも
アウトレットを示すキズがつけられています。

小石原ポタリー 毎日プレート

小石原ポタリー パン皿S

ただ、正規品とは見比べてみないと分からないレベル。
普段使いには全く問題ないので充分です。

キズが目立つ皿もあれば、ほとんど目立たないものもあったり。
ビミョーに皿がガタガタするものがあったりで
お気に入りを探すのも楽しい時間でした(^^)

鶴見窯

そして、続いては鶴見窯へ移動です。
窯元はコチラ。

小石原焼窯元「鶴見窯」

まだ30代の若い作家さんが作られています。
こちらもモダンなデザインの器が多く、
色もモノトーンとかカラフルで、従来の小石原焼とは少し違った印象です。

民陶むら祭を開催している間は
どの窯元さんも、割引価格で販売しているので
ついついサイフの紐が緩んでしまいます。。。

ギャラリー前には藤棚があり見頃でした!
鶴見窯 藤棚

鶴見窯 ギャラリー

鶴見窯

で、以前から欲しかった丼をゲット。
自宅にしっくりとくる丼がなかったので嬉しいです^^

▼2割引でゲットした丼
鶴見窯

鶴見窯

鶴見窯

全面に飛び鉋(とびかんな)模様が細工されています。
飛び鉋の解説は、コチラのムービーが分かりやすいです。
飛び鉋 – YouTube

▼もう1つは、
ベーグルにピッタリな皿

鶴見窯

▼並べてみると、目が回りそうな感じです(笑)

鶴見窯

実際に、ベーグルをのっけてみると
なかなかイイ感じ。
大きさもピッタリです(^^)

鶴見窯とベーグル

陶器市の攻略法

今回、初めて小石原の陶器市に参加したのですが
いくつかポイントがあったのでご紹介。

早めに行動する

無料で体験できる絵付けや飛び鉋体験など
人気のプログラムは、早めに定員に達してしまいます。

聞いたところによると
30分前に整理券を配付するようですが
だいたい1時間くらい前から並ぶこともあるようです。

お目当ての体験教室があれば
早めに並ぶことをオススメします。

駐車場の確保

上記、体験教室の会場となる小石原焼伝統産業会館まで
車で行くことも出来ますが、駐車場が小さいので
天気が良ければ、歩いて行ったほうがいいかもしれません。

少し手前の空いている駐車場に停めてから
散策しながら会場までぶらぶら。
iPhoneでお写んぽしながら、ウォーキングです♪

離れた場所に停めたので
帰りも渋滞に巻き込まれずに
ささっと帰宅出来ました(^^)

買い物する場合は大きめのカバンを

陶器市に行く場合はキャリーバッグがオススメと言われていますが
ここ東峰村は田舎道が多いです。
砂利が多くて、道路もガタガタしているので
キャリーバッグよりもバックパックがいいかもしれません。

もちろん、後ろの人とぶつかって
購入した焼物が壊れないようにご注意を。

以上になります。
秋にも「むら祭」が開催されるので
次回への教訓と備忘録も兼ねて。
早起きは三文の徳、いや得かも?

【追記】
続編があるので、あわせてどうぞ

小石原焼の陶器市で「小石原ポタリー」をお安くゲットする話小石原焼の陶器市で「小石原ポタリー」をお安くゲットする話

それでは、今日はこのへんで。
お相手は、ろぜはちでした。

[スポンサードリンク]


Return Top