Route 88

Mac版「Osfoor for Twitter」を試す

DropShadow ~ スクリーンショット 2012 03 12 0 04 16

Osfoora for Twitterがリリースされていたので
早速ダウンロードしてみました。
と言うか、リリースされていたのは
知っていたのですがダウンロードを忘れてました(^.^;)

有料のアプリですが
iPhone版でも評価の高いアプリ。
期待が持てます。

[スポンサードリンク]



ですが…
結論から申し上げると
もうチョット頑張って欲しいところが
チラホラと目に付きます。
購入を検討している方は
メジャーアップデートまで待ったほうがいいかもです。
アップデートされたときには
またお知らせしたいと思います。

ここがポイント

・動きがキビキビ
会話ツリーを表示したり
Mentionへ切り替えするときの
画面の表示が速い!!
純正クライアントの倍くらいの速さで切り替わります。

・Tweet Markerに対応
iPhone/iPadではTweetbotを利用しているので
既読の同期が出来るのは嬉しいポイント。
デフォルトではOFFなのでONに切り替えしましょう。 スクリーンショット 2012 03 11 20 46 36

スクリーンショット 2012 03 12 0 00 10

・あとで読む機能が付いている
Mac版のTwitterクライアントでは
意外にも搭載していないことが多い「あとで読む」機能
Read It Later/Instapaperに対応しています。

スクリーンショット 2012 03 11 20 47 53

URLの付いていないツイートで「あとで読む」を選択すると
そのツイートが保存されます。

・複数アカウントでのマルチウインドウ表示
複数のアカウントを利用している場合
1個のウインドウでアカウントを切り替えすることが多いですが
2個のウインドウを同時に開いて使い分けできます。
複数のアカウントを持っている人は便利ですね!!

スクリーンショット 2012 03 11 22 25 15

・メモリをあまり使わない
64bitモードでの利用でも
あまりメモリを喰わないようです。
だいたい60〜70MBくらい。
メモリの少ないMacでも安心です^^

ここはチョット…

・Twitter Streaming APIに対応していない
デスクトップのクライアントとしてはチョット残念。
今はリアルタイムにずっと同期をするクライアントが主流ですが
一昔前のクライアントのように○分おきに更新するものです。

・マルチタッチジェスチャに対応していない
基本的にマウスでボタン類をクリックするか
ショートカットキーでの操作を前提としており
マルチタッチジェスチャが割り当てされていないようです。

・List欄では画像のインライン表示が出来ない
Timelineではインライン表示しているのに
List欄ではインライン表示されないのが不思議です(笑)

・bitlyに対応していない
iPhone版クライアントでは利用できるのに
Mac版では設定項目がない。。。

あとはごくごく個人的なこだわりですが
Macの伝統的なインターフェイスのデザインと
少し離れている気がして、やや違和感があります(>_<)
ここらへんは好みとは思いますが…

全体的なまとめとしては
動きも滑らかで軽快、問題もない。
が、純正クライアントと似ており
有料であるアドバンテージが見いだせない、
と言ったところでしょうか。

次回のアップデートでは
Osfooraらしさが追加されることを望みます。
もし購入前にご相談などありましたら
コチラからどうぞ^^

Osfoora for Twitter App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥450


[スポンサードリンク]


Return Top