Route 88

IEで「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります」と表示された時の対処法

Chrome

ごきげんよう。ろぜはち (@rosetta88) です。

Internet Explorerでホームページを見ている時に
このようなエラーが表示されることがあります。
「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります」

Firefoxでは
「接続の安全性を確認できません」
Chromeでは
「このサーバーのセキュリティ証明書はまだ有効ではありません」
(冒頭の画像です)

こんな時には、
いったいどのように対処したら良いのでしょうか?

[スポンサードリンク]


ñブラウザの設定を確認する

Internet Explorerでは下記のような画像が表示されます。

Alert
日本ベリサインより。

なぜ、このような画面が表示されるのか、簡単に説明すると…
セキュリティのかかったサイト(SSLサイト)に入るとき、出るとき
「今から入りますよ」「出ますよ」と、ブラウザが警告を示します。

設定に問題無ければ、このような警告は表示されないのですが
ブラウザ設定に問題があるのでアラートが出るんですね。

で、
通常であれば、インターネットオプションから
セキュリティや詳細設定の項目を確認するところです。

FirefoxやChromeも同様に
環境設定やオプションなどをチェックですね。

ところが、設定を元に戻しても警告が消えない。
にっちもさっちも行かない。
そんなことがあります(>_<)

ñ答えはPCの製造時期にあり!

このような症状は概して古いPCでよく発生します。
そう、答えはPCの時刻

なぜ?
と思うでしょうが、多くの場合、
PCの時刻が狂っていることが多いのです。
で、PCの時刻とホントの時刻の相違があると
このような症状になるんですね。

通常、マザーボードの電池が動いている限りは
時刻が狂うことはないのですが
古くなり電池が切れると時刻が保存されません。

PCが起動するたびに、
「2001年」とかになります(笑)

自動で補正されれば良いのですが
なぜか、同期がとれなくて、
補正されないことも多く困ります。。。

なので、時刻を合わせれば症状は改善します。

ちなみに、冒頭のエラー画像は
Macの時計を2000年に合わせてから
Gmailを開いたところです。

簡単に、解決出来るのですが
意外と盲点で気付かないことが多いので
あらっ?
と思ったら時刻を疑ってみましょう(^^)

それでは、今日はこのへんで。
お相手は、ろぜはちでした。

[スポンサードリンク]


Return Top