Route 88

Apple 次期OS「OS X Mountain Lion」を発表!!「Messages Beta」を試してみた!!

DropShadow ~ mountain lion

本日Appleが次期OSとなる
「OS X Mountain Lion」を発表しました。
OS X Lionの発表から約1年での
メジャーアップデートとなります。
また、Lionと同様にMac App Storeからの
ダウンロードでのアップデートとなります。

[スポンサードリンク]



新OSについては
IT mediaに林 信行氏による詳しい解説が掲載されてます。
特に途中の動画がオススメです^^

林信行が語る“攻め”の新OS:「OS X Mountain Lion」は絶好調なMacをさらに加速させる (1/2) – ITmedia +D PC USER

そしてMountain Lionの多くの新機能のひとつ
「Messages」
こちらがBeta版としていち早く体験できます。
早速ダウンロードしてみました。

Apple – Mac OS X – Download the free Messages Beta.

「Messages」をインストール

インストール完了してMacを再起動…しばし…
ボクはDockにiChatが鎮座しているのですが
iChatと自動で置き換えのようです。
Dockのアイコンが「メッセージ」に変わりました。

ひとまず「メッセージ(Mac)」用のアドレスとして
[email protected]
iPhoneの電話番号宛てにメッセージを送信したら
すぐにiPhoneの届きました!!
(当たり前ですけどねw)

そしてiPhoneの「メッセージ」から
[email protected]
Macの「メッセージ」にて受信しました。

予想では「Mail.app」にも届くのかなと思いましたが
そうではなく「メッセージ(Mac)」のみで受信です。

メールソフトで試す

では、iPhoneの「メール」から
[email protected]
こちらはMacの「Mail.app」で受信。
「メッセージ(Mac)」には何も届かないという結果になりました。

つまり
同じアドレスを設定しても
Mac<->iPhoneの間で
メッセージアプリ同士でのやり取りと
メールアプリでのやり取りと分けて管理出来そうです。

また「メッセージ(Mac)」 を起動していない状態でも
メッセージを受信するとDockのアイコンにバッジ表示が出てきます。

DropShadow ~ messages 2

iPadもまとめて設定する

現状、
ボクはiPhoneの「メッセージ」のみ
発信者IDを電話番号に設定しておりますが
[email protected]
iPhoneの発信者IDとして設定してみました。

つまりMac,iPhone,iPadの3台全てを
同じアドレスで発信するように設定変更です。
そうすると、3台とも全て同じメッセージを
受信することが出来ました。

この方法で運用出来れば
誰かのiPhoneからのメッセージを
そのままMacで受信して内容を確認。
でも、iPhoneは充電中で手が届かない…
え〜い、そのままMacから返信しちゃえ!!
という使い方もOKですね^^
(個人的には発信者IDは電話番号が良いので元に戻しましたが…)

まだベータ版なのでリリースまでに
今後も仕様は変わっていくと思いますが
iOSとMacの融合が今後どんどん進み
垣根が無くなっていくのが楽しみです!!

また個人的にはAirPlayミラーリングも
地味ですが楽しみな機能です。
ディスプレイと接続するケーブルは
今後不要になりそうです(^^;;

ディベロッパー登録しようかなぁ…

[スポンサードリンク]


Return Top