Route 88

Macで簡単に時間管理|時報アナウンス機能を使おう

Voiceover

ごきげんよう。ろぜはち (@rosetta88) です。

Macに向かって作業をしていると
知らぬ間に時間が流れていて
気が付いたら数時間経っていた。
そんなことありませんか?

もしくは、
調べモノをしているつもりが
気が付いたらTwitterやFacebookを、ずっと眺めていたとか
某巨大掲示板のログを追いかけていたとか
そんなことありませんか?

ボクはよくあります…(^.^;)

そこで、
現在時刻を意識するために使っているのが
Macの時報アナウンス機能。
一定の時間ごとに、時報を読み上げてもらっています。

[スポンサードリンク]


ñSiriでお馴染のkyokoさんの登場

それでは、アナウンスの設定のご案内。
ちなみに、ボクのMacは、OS10.7のLionさんです。

時報アナウンスの設定は、システム環境設定から。
システム環境設定 > 日付と時刻 > 時報をアナウンス を選択。

Mac時報アナウンス

Mac時報アナウンス

ここで声の種類を変更できます。

Mac時報アナウンス

ところが、デフォルトでは英語の音声のみ。
初期状態ではkyokoさんは、ご不在のようです。

Mac時報アナウンス

そこで、Appleからダウンロードしてkyokoさんを召還します。

Mac時報アナウンス

Mac時報アナウンス

その後は音声の微調整。

Mac時報アナウンス

あとは、時間の設定。
1時間ごと、30分ごと、15分ごと、から選択できます。

設定したらあとはMacに向かうだけ。
1時間ごとを選ぶと、
毎時ごとにSiriのあの声で時刻をお知らせしてくれます^^

ñ今日のポイント!

Macを使っていないときは
kyokoさんが読み上げてくれないのがネックでしょうか。。。

ボクの場合はMacと並行して
iPhoneアプリも活用しています。
毎日Dueでしつこいくらいアラームを鳴らしたり
鳩時計アプリから30分刻みでポッポーと知らせたり。

つい作業に没頭してしまうと
時間が経つのを忘れることが多いと思います。
そんなときには、時報アナウンスやアラームの活用はオススメです。

Macの時報アナウンスは簡単に設定できるので
利用してみてくださいませ(^^)

それでは、今日はこのへんで。
お相手は、ろぜはちでした。

[スポンサードリンク]


Return Top