Route 88

知る楽しみを再認識するアプリ「goocus」を試す #goocus

ごきげんよう。ろぜはちです。
本日は新しいタイプのWikipediaリーダーのご紹介です。
その名も「goocus」
Wikipediaリーダーとソーシャルネットワークの融合を
目指したアプリです。

[スポンサードリンク]



自分の調べたものや
学びとして得たものを
みんなで共有しようという
新しいアプローチのアプリです。

初回起動時には
まずキャスタリアIDの登録が必要です。
IDを持っている場合は、そのままログイン。

DropShadow ~ IMG 7336 3

Facebook純正アプリのように
右側にフリックするとメニューが出てきます。

キーワードで検索する

DropShadow ~ IMG 7338 3 2

「アップル」で検索すると
いろいろと候補が出てきました。

DropShadow ~ IMG 7343 2

上記のように 調べたものをアプリ内で
フォロワーさんにシェアすることも出来るし
「学んだ」ボタンをタップして
Facebookでシェアすることも出来ます。
また「ふせん」として
メモを一言添えてからFacebookでシェアすることも可能です。

現在地で探す

DropShadow ~ IMG 7338 2

iPhoneのGPSを利用して
近隣の施設に関する情報がピックアップされます。
これはありがたい!!
旅行先で目に付いた建物も
すぐに調べることができます^^

もちろん設定により
検索履歴をシェアするかどうかも決められます。

DropShadow ~ IMG 7339 2

こんな利用シーンが…

たとえば…
みんなで集まっているときに
誰かがWikipediaで検索する。
みんなで1台のiPhoneを回し読みしなくても
goocusを起動すれば簡単にシェア出来る。

たとえば…
ラピュタをテレビで放送してる夜などは…
Twitterのタイムラインに「バルス」の単語が頻繁に現れる。
でも意味が分からない…
そこでgoocusを起動。
たぶんフォローしている誰かが検索しているであろう
「バルス」がシェアされて流れてくるので
すぐに「なるほど!!わかった!!」となります(笑)

まぁ、チョット極端な例ですがw

フォローしている人が増えてくると こういうシーンでキーボードに入力しなくても
数回タップするだけで
自分の好奇心を満たすことが出来るようになります^^

今後はTwitterとの連携も準備されてるようですが
まずはFacebookから。
アプリの動作が不安定な部分もありますが
今後のアップデートで解消されるでしょう。
無料のアプリなので、ぜひお試しください。
フォローする人が増えると
もっともっと楽しくなると思います!!

goocus App
カテゴリ: 教育
価格: 無料

[スポンサードリンク]


Return Top