Route 88

iPhoneは16GBか32GBか。購入時の容量の目安を考えてみた。

iPhoneホーム画面

ごきげんよう。ろぜはち (@rosetta88) です。

春だからでしょうか。
新学期が始まるからでしょうか。
ボクのまわりにも、iPhoneやiPadを購入する人が多く
相談を受けることもあったので、
機種を選択する際のポイントを少しだけご紹介したいと思います。

選択をする基準はいろいろとあると思いますが
何かの参考になれば幸いです。

[スポンサードリンク]


ñiPhoneの容量は16GBか32GBか64GBか?

これからiPhoneを使う人が
まず最初にぶつかる難関であろう、容量の壁。

これに対しては明確な答えがあります。

オサイフの許す限り
容量が大きいものを選択する。

これに尽きるでしょう。

現在、新規でiPhone 5を契約した場合
SoftBankでもauでも、“何とか割”が適用されます。
分割にした場合の実質の毎月の機種代は

16GB => 0円
32GB => 430円
64GB => 860円

となっています。
SoftBank、auどちらも同じ金額に揃えております。

16GBと32GBの差、16GB分の容量を毎月430円で入手する、といったところでしょうか。

トータルで考えると、430円 x 24ヶ月 = 10320円の追加費用ということになります。
16GBのSDカードが1000円前後で購入できる、このご時世に高く感じるかもしれません。。。

ñなぜ16GBを避けるのか

16GBのiPhoneを買った場合、
ユーザが利用できる容量としては、約14GBくらいと思います。
(iOSなどのシステムの領域があるため)

そこで、iPhoneを利用するにあたり容量が足りなくなるであろう
シチュエーションを考えてみました。

写真のサイズが大きい

iPhone 5になり、カメラの画素数はiPhone 4Sと大差はありませんが
確実にキレイに写真を撮れるようになりました。
その反面、1枚あたりの容量も増えました。

だいたい、1枚あたり 1.5〜2.5MB。
間をとって2MBとしましょう。
1000枚で2GB、2000枚で4GB。

多くの場合は、撮った写真はそのままiPhoneに残すでしょうから
そのまま少ない容量を圧迫することになります。

ちなみに、パノラマ写真は
ものよっては、1枚で10MBオーバーになります。

そんなに写真なんて撮らないよっ!
って声もあるかもしれませんが
iPhoneを買った後に、写真欲が目覚めるかもしれません。
iPhoneographerとして、デビューするかもしれません。

転ばぬ先の余剰の容量があると安心です。

動画もサイズが大きい

フルHDサイズの動画となり、
こちらも容量アップとなりました。
条件にもよりますが、10秒の動画で20MBくらいでしょうか。
1分で120MBになります。

それほど、長時間の動画を撮ることはないかもしれませんが
ちょっとした数秒の動画をいっぱい撮ることになると思います。
ここでも備えあれば憂い無しです。

アプリもサイズが大きい

かつては、
3G回線でダウンロードできるアプリの容量は
25MBまでという制限もあり、容量の小さいアプリが多かったように思います。

現在は、50MBまでの制限に変わりました。
また、Retinaディスプレイに対応するためアプリの容量は大きくなり
ゲーム系のアプリでは1GBを超えるものも少なくありません。

ゲーム目当てで購入する場合も
やはり容量大きめが嬉しいですね。

音楽ファイルは曲の長さと質による

音楽ファイルはビットレートを下げて転送すれば
やや容量サイズダウンは出来ると思います。

しかし、音質を求めるとなると
こちらも容量は大きくなるので注意が必要です。

ñ大は小を兼ねる

長年、iPhoneを使いこなしていて
DropboxやらEvernoteやらのオンラインサービスも使いこなしてる。
音楽もそんなに持ち歩かない。

そんな、iPhoneマスターな人が、
敢えて16GBモデルを選択するのであれば 、引き留めるつもりはありません。
自分のスタイルが分かっている上での選択でしょう。

ただ、これから、iPhoneを買う、
でも自分のスタイルが分からない。
そんな場合は、少しでも容量が大きい機種をオススメします。

iPhoneの空き容量が少なくて、OSのアップデートも出来ない。
しかもPCは古くて動かない、とか
iTunesが古くてバージョンアップしていない、とか
そんな声も、あちこちで耳にします。

やはり大は小を兼ねる、と思います。
ちなみに、ボクは64GBを使っています。
容量に余裕があるので、心にも余裕が生まれます(^^)

それでは、今日はこのへんで。
お相手は、ろぜはちでした。

[スポンサードリンク]


Return Top